ホーム>スタッフブログ>テクニカル>足の裏
テクニカル

足の裏

店長です

ゴルフスイングにおいてアドレスが大事であることは先に書きました。

そこで、各部位の位置をシリーズでお届けしたいと思います。

シリーズ第一弾は足の裏の重心です。

 

いろいろな雑誌で、足の裏の体重をどこにかけるかという記事を見かけます。

拇指球?つま先?などなどがあります。

では、前傾姿勢を取らないで、足を肩幅に開き、足首を折って身体を回してみてください。

そのとき、足の裏の体重はどのように移動されますか?

そうなんです!

その体重の移動の仕方こそが、あなたの体重移動の仕方なんです。

基本的には静止状態(アドレス)の時では足裏全体に体重がかかっています。

つま先でも踵でもありません。

強いて言うならば、土踏まずに体重がかかっているようにします。

右打ちの方の場合、テークバックからトップにかけて、右足の土踏まずから踵に体重が移動します。

そして、切り返し以降、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュにかけて、右足かかとにあった体重は、右足土踏まず⇒右足拇指球⇒左足拇指球⇒左足土踏まず⇒左足かかとといった順序で体重が移動していくのです。

結果、フィニッシュでは左足かかとで立てるようにするのです。

こうすることで身体がスムーズに回転できます。

さぁ、練習場に行きましょう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.golfstudio-tobe.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする