ホーム>スタッフブログ>テクニカル>肘の向き
テクニカル

肘の向き

店長です

ゴルフスイングにおいてアドレスが大事であることは先に書きました。

そこで、各部位の位置をシリーズでお届けしたいと思います。

シリーズ第二弾は肘の向きです。

 

アドレスの時の肘の向きってものすごく大事なんです。

でも、これがなかなかできていないんですよね~

スクールに来る生徒さん、そこそこのレベルである方でも間違っていることが多いです。

じゃぁどうやるんんだって?

はいはい!

アドレスに入ってボールに正対したとき、肘が自分を向いていること。

逆にいえば、肘の裏が身体の外を向いていること。

これが大事なんです。

大抵の方は左ひじが目標を向いていることが多いんです。

こういう方は、右へのミスが非常に多い!

また、アドレスの入り方で、ボールのそばに行ってからグリップする方、

気をつけないと左ひじが目標方向を向いてしまいます。

これは、グリップの際に左手を上からつかむ方が多いからなんです。

こういうアドレスの入り方をする方は、左手を下からあてがうようにしましょう。

そうすると改善されます。

そして最もお勧めなのが、ボールの後ろに立って目標を決めたら、

肘を支点に腕を曲げ、身体の前でグリップをして、アドレスに入る。

そうそう、石川遼、タイガーがこういうアドレスの入り方しますよね。

こうすることで、正しい肘の向き方になります。

是非試してみてください

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.golfstudio-tobe.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17

コメントする