ホーム>スタッフブログ>テクニカル>ボディーターンでスイングする(その1)
テクニカル

ボディーターンでスイングする(その1)

前回の記事でドリルを紹介すると言いましたが、その前にいくつかの話をします

これはスイングでもっとも重要なものだと考えてください

これをおろそかにするとスイングはよくなりませんし、いいショットもなかなか出ません

一つ目 ボールは打つものではなく 回転の中でヘッドにひっかけて行くものと認識してください

こう言ってもわからないですよね 説明します

まずは膝、腰を曲げない状態でまっすぐ立ってください

腕を下ろしクラブを身体と垂直になるようにしてください

このとき肘は真っ直ぐになり 手首を曲げます

そのままの状態で身体を回してください 

このように回転した時のヘッドの軌道上にボールがあれば 打つことなくヘッドでボールを

捉える事が出来るのです

常にこの高さをヘッドが通るようにヘッドを動かすことが大事なのです

この状態をキープしたまま 股関節を折るようにヘッドを地面に付け

背骨を軸に回転すれば ヘッドは常に一定の軌道を通るということを知ってください

ボールが地面にあるからと言って 臍より下をヘッドが動くということはないのです

これができるようになるとスイングは大分変わります

お試しください

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.golfstudio-tobe.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする