ホーム>スタッフブログ>テクニカル>ボディーターンでスイングする(その6)
テクニカル

ボディーターンでスイングする(その6)

これまでの話でボディーターンでスイングすることについては

大分理解できたことと思います

それでもなんか当たりがおかしい 気持ち悪いという方

一度グリップを見直してください

先の説明で人差し指と親指に力を入れないと言いましたが、

ここでは少し突っ込んで説明します

まずは左手グリップから

左手を横にグリップを横断させるように握ってはいけません

正しくは人差し指から小指下の手首方向に斜めにクリップを横断させることが大切です

パームグリップ、フィンガーグリップであれこの方向は替わりません

グリップを斜め方向に小指の方にずらしながら握ってください

自然と斜めにグリップできるはずです

このようにグリップすると手首が正しい方向に曲がり

左ひじ内側の筋肉が緊張するはずです

次に右手グリップ

人差し指の付け根を横方向からグリップに沿えます

そのまま指で握らずに支える感じにしてください

そうです右手はグリップを握ってはいけないのです

このようなグリップにするとトップで左親指にクラブの重さを感じることができるはずです

スイング中はこの形を崩さないようにし 

フィニッシュでも左親指にクラブの重さを感じてください

当たりが替わるはずです

やってみましょう

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.golfstudio-tobe.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/44

コメントする