ホーム>スタッフブログ>テクニカル

テクニカル

ボディーターンでスイングする(その1)

前回の記事でドリルを紹介すると言いましたが、その前にいくつかの話をします

これはスイングでもっとも重要なものだと考えてください

これをおろそかにするとスイングはよくなりませんし、いいショットもなかなか出ません

一つ目 ボールは打つものではなく 回転の中でヘッドにひっかけて行くものと認識してください

こう言ってもわからないですよね 説明します

まずは膝、腰を曲げない状態でまっすぐ立ってください

腕を下ろしクラブを身体と垂直になるようにしてください

このとき肘は真っ直ぐになり 手首を曲げます

そのままの状態で身体を回してください 

このように回転した時のヘッドの軌道上にボールがあれば 打つことなくヘッドでボールを

捉える事が出来るのです

常にこの高さをヘッドが通るようにヘッドを動かすことが大事なのです

この状態をキープしたまま 股関節を折るようにヘッドを地面に付け

背骨を軸に回転すれば ヘッドは常に一定の軌道を通るということを知ってください

ボールが地面にあるからと言って 臍より下をヘッドが動くということはないのです

これができるようになるとスイングは大分変わります

お試しください

 

 

手打撲滅への最初の一歩

前の記事で 手を身体に固定したまま 身体を回転してみてください と書きました

ここから始めるのが手打撲滅への最初の一歩となります

では具体的に…

1.両腕を胸の前にし両肘を身体に付けます

2.クラブ(8番アイアン)を握ります

3.グリップの際は両手の親指と人差し指に力を入れず添えるだけにします

4.肘を曲げクラブと身体が45°になるように固定します

5.そのままの体勢をキープして股関節を折っていきヘッドを地面につけます

  この時に背骨が曲がらないようにしましょう

6.背骨を軸にして右(左打ちの方は左)に腹筋を使って回転します

7.お腹が目標と反対をむいたら 背骨を軸にして 目標方向に腹筋を使って回ります

どうですか?

手を使わなくてもボールをヒットすることができたと思います

これができたら 今度はドリルをやってみましょう

ドリルについては次回となります

手打ちはゴルフ破たんへの道です

手打ゴルフはいつか破たんがきます

上達しないばかりか 下手になっていくことすらあります

そうならないためにもボディーターンでスイングすることが大切です

そう思っていても なかなか治せない! どうすればいいのかわからない!

まずはその理屈を考えてみましょう!

それはゴルフを始めたばかりの時 ボールに当てるのに必死となり

結果 手を使って当てることを覚えてしまい

それが癖になり 手を使わないとボールに当たらないと思っているからです

一度思い切って手を身体に固定したまま 身体を回転してみてください

絶対にボールは当たるはずです

結果を恐れないで まずはトライしてみましょう!

ビジネスゾーンを真っ直ぐにする練習器具

岡山の友人が作った練習器具です
 

006.JPG


ショット、アプローチ、パッティングにおけるビジネスゾーンを真っ直ぐにするための練習器具
早速、練習で使ってみました。

SHOT&APPAT.JPG

 

 
















 

 

なんとかスティックというのがありますけど、
あれは堅くって、ヘッドに当たると危険ですよね。
それに比べてこちらはゴムなので安全です。
また丸めると小さくなりますので、ポケットに入れて持ち運びができます
街の練習場はもとより、ゴルフ場のドライビングレンジ、アプローチ練習場、パッティンググリーンでも
問題なく使用できます。
これはゴルファーの必需品になるかもしれませんね。
おいら気に入りました

 

そのアイアン軽くないですか?

店長です。

 

カーボンシャフトのアイアンを使っている方をよく見かけます。

また、軽量スチールシャフトも一部で流行っているようです。

でもちょっと待ってください!

それって軽くありませんか?

カーボンシャフト、軽量スチールシャフトが駄目と言っているわけではなく、

使っている人の体力に比べて、軽すぎるアイアンを使っている方が多く目につくのです。

軽いアイアンは手打ちを助長してしまいます。

球が上がりすぎる!

左右への曲がりが多い!

などの症状がある人は、重めのシャフトがついたアイアンで打ってみてください。

大半の方が症状が軽減するはずです。

スイングはクラブの重さを感じることが大切です。

姿勢

店長です

ゴルフスイングにおいてアドレスは大事です。

そこで、各部位の位置をシリーズでお届けしたいと思います。

シリーズ第三弾は姿勢です。

 

一言で姿勢といってもいろいろありますよね。

ここで言いたいのは「前傾角度は何度!」ということではないです。

なんで?

それはいくら前傾姿勢を正しくとっていても、インパクトの時に角度が保たれていないと意味がないからです。

ではどうすればインパクトの時に前傾姿勢が保たれやすいのか?

これから挙げることは絶対ではないです。

ただし、角度が崩れにくくなることは確かです。その点を踏まえてお読みください。

まず大事なのは足首を曲げてアドレスするということです。

そして、第二弾でもいったように体重を土踏まずにかけます。

そうすると自然とひざが曲がります。

この膝の曲がり方、深く曲げてはいけません。

少し上下動してクッションになる程度の曲げ方にとどめるのがみそ!

そして股関節を曲げます。

ここでまたまたポイントが!

頭の位置です。

頭を下げてはいけません。

頭は少し上げ気味にし、ボールをし下目づかいに見るのがポイントです。

そのまま脱力すると地面に垂直に腕が垂れます。

そこでグリップしてください。

最後に脱力のこつは肩甲骨を開くことです。

決して肩甲骨を閉じて構えないようにしてくださいね。

さぁ、練習場に出かけましょう!

肘の向き

店長です

ゴルフスイングにおいてアドレスが大事であることは先に書きました。

そこで、各部位の位置をシリーズでお届けしたいと思います。

シリーズ第二弾は肘の向きです。

 

アドレスの時の肘の向きってものすごく大事なんです。

でも、これがなかなかできていないんですよね~

スクールに来る生徒さん、そこそこのレベルである方でも間違っていることが多いです。

じゃぁどうやるんんだって?

はいはい!

アドレスに入ってボールに正対したとき、肘が自分を向いていること。

逆にいえば、肘の裏が身体の外を向いていること。

これが大事なんです。

大抵の方は左ひじが目標を向いていることが多いんです。

こういう方は、右へのミスが非常に多い!

また、アドレスの入り方で、ボールのそばに行ってからグリップする方、

気をつけないと左ひじが目標方向を向いてしまいます。

これは、グリップの際に左手を上からつかむ方が多いからなんです。

こういうアドレスの入り方をする方は、左手を下からあてがうようにしましょう。

そうすると改善されます。

そして最もお勧めなのが、ボールの後ろに立って目標を決めたら、

肘を支点に腕を曲げ、身体の前でグリップをして、アドレスに入る。

そうそう、石川遼、タイガーがこういうアドレスの入り方しますよね。

こうすることで、正しい肘の向き方になります。

是非試してみてください

足の裏

店長です

ゴルフスイングにおいてアドレスが大事であることは先に書きました。

そこで、各部位の位置をシリーズでお届けしたいと思います。

シリーズ第一弾は足の裏の重心です。

 

いろいろな雑誌で、足の裏の体重をどこにかけるかという記事を見かけます。

拇指球?つま先?などなどがあります。

では、前傾姿勢を取らないで、足を肩幅に開き、足首を折って身体を回してみてください。

そのとき、足の裏の体重はどのように移動されますか?

そうなんです!

その体重の移動の仕方こそが、あなたの体重移動の仕方なんです。

基本的には静止状態(アドレス)の時では足裏全体に体重がかかっています。

つま先でも踵でもありません。

強いて言うならば、土踏まずに体重がかかっているようにします。

右打ちの方の場合、テークバックからトップにかけて、右足の土踏まずから踵に体重が移動します。

そして、切り返し以降、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュにかけて、右足かかとにあった体重は、右足土踏まず⇒右足拇指球⇒左足拇指球⇒左足土踏まず⇒左足かかとといった順序で体重が移動していくのです。

結果、フィニッシュでは左足かかとで立てるようにするのです。

こうすることで身体がスムーズに回転できます。

さぁ、練習場に行きましょう!

知っているようで知らないこと

店長です。

ゴルフスイングって、

フェースの向きを自由にコントロールできるようにすることなんですよね。

いつも自分の思うようなスピードで、フェースの向きを管理できれば、

どんなフォームでスイングしてもいいわけです。

でもでも、それって難しいですよね。

それは、みなさんがよくご存じのことと思います。

なので、スイングの再現性を求める必要があるんです。

そこにスイング理論が生まれるわけです。

でもでも、ちょっと待ってください!

スイングをする上で一番大切なことって知ってますか?

それは、ちゃんとしたアドレスを取ることです。

しっかりしたアドレスが取れないと、再現性のあるフォームでスイングすることって

すごく難しいです。

来店される方のいろいろなスイングを見ていますけれども、

しっかりとしたアドレスが取れている方って、ほぼ皆無です。

これは上級者の方でもそうです。

しっかりとしたアドレスを取ることで、スイングレベルが上達することは間違いありません。

スイングをどうこう考えるよりも、まずアドレスがどうなっているかをチェックしてみてください。