ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ボディーターンでスイングする(その4)

さて ドリルを紹介する前の最後の話となります

 

前回の記事ではスタンスについて説明しましたが

スタンスの幅が狭くなると身体がふらつく(左右にぶれやすくなる)と言う方がいるでしょう

これは体幹がしっかりとしていないからです

体幹 そう身体の幹です

単純に言えば腹に力を入れるということです

臍の下あたり(丹田と呼ばれる)に力を入れていれば 身体のブレを抑えることはできます

背筋を伸ばすと言われますが これは背筋に力を入れるということではないのです

腹筋に力を入れると背筋が伸びるのです

したがって腹筋に力を入れれば背筋が伸び軸で回転することが容易になるのです

スイングの最初から最後まで腹筋に力を入れ続けてください

次回はドリルを紹介します

ボディーターンでスイングする(その3)

今回はスタンスについてを説明します

 

スタンス幅は一般的に肩幅がベターと言われますが、ほとんどの方はスタンス幅が適切ではないと見受けられます

スタンス幅は広すぎると回転することが難しくなります

逆に狭すぎると身体がふらつく原因となります

スタンス幅はクラブ、打つ距離によって変えることがいいのです

フルショットに限定すれば

◆ウェッジ、ショートアイアン(9番アイアン)→右脚と左足の間隔は1足分

◆ミドルアイアン(5番~8番)→右脚と左足の間隔は2足分

◆UT、FW、ロングアイアン(3番、4番)→右脚と左足の間隔は2.5足~3足分

◆ドライバー→右脚と左足の間隔は3足分

これ以上間隔を開くと 強く振りに行きたくなり回転でボールを捉えることが難しくなります

また、スタンスを広げると身体の中心線が動くため、

左足寄りにボールを置くと ボールの位置が遠く感じるため右肩が突っ込んで

ボールが曲がる 打ち出しが意図しない方向に飛んでいく トップ ダフリなどの大きな原因となります

またアプローチでは右脚と左足をつけることを勧めます

スタンスを開くということは遠くへ飛ばすという意思表示でもあります

このため広いスタンスで短い距離を打つと 必然的にインパクトに緩みが出ます

これにより正確なアプローチができなくなるのです

スタンス幅を適切な広さに保つことで力みがなくなり 身体がスムーズに回転できるようになります

実践してみましょう

ボディーターンでスイングする(その2)

今回もドリルの前に知っておかなければならないこととなります

 

前回の記事で

腕を下ろしクラブを身体と垂直になるようにしてください

このとき肘は真っ直ぐになり 手首を曲げます

と書きました

これに加えて 左手の人差し指と親指 右手の小指、人差し指と親指をクラブから離してみてください

こうするとクラブを右脇 左脇 両手首でできる3点で支えていることに気が付くと思います

そう!これこそがよく言われている三角形なのです

アドレスでできた三角形の形を崩さないで振りましょう

ってよく言われます

これをやると大多数の方が左右にスエーしてしまい 書いている方の意に反した動きをしてしまいます

右脇、左脇と手首の3点でクラブを支えたまま身体を回転すれば

結果的にアドレスで作られた三角形は崩れないのです 

アドレスからバックスイング、トップにかけて肘に重さがかかってきたらスムーズなボディーターンはできません

肘は曲げるものではなく身体が回転することで曲がるものであることを知りましょう

また次回となります

ボディーターンでスイングする(その1)

前回の記事でドリルを紹介すると言いましたが、その前にいくつかの話をします

これはスイングでもっとも重要なものだと考えてください

これをおろそかにするとスイングはよくなりませんし、いいショットもなかなか出ません

一つ目 ボールは打つものではなく 回転の中でヘッドにひっかけて行くものと認識してください

こう言ってもわからないですよね 説明します

まずは膝、腰を曲げない状態でまっすぐ立ってください

腕を下ろしクラブを身体と垂直になるようにしてください

このとき肘は真っ直ぐになり 手首を曲げます

そのままの状態で身体を回してください 

このように回転した時のヘッドの軌道上にボールがあれば 打つことなくヘッドでボールを

捉える事が出来るのです

常にこの高さをヘッドが通るようにヘッドを動かすことが大事なのです

この状態をキープしたまま 股関節を折るようにヘッドを地面に付け

背骨を軸に回転すれば ヘッドは常に一定の軌道を通るということを知ってください

ボールが地面にあるからと言って 臍より下をヘッドが動くということはないのです

これができるようになるとスイングは大分変わります

お試しください

 

 

手打撲滅への最初の一歩

前の記事で 手を身体に固定したまま 身体を回転してみてください と書きました

ここから始めるのが手打撲滅への最初の一歩となります

では具体的に…

1.両腕を胸の前にし両肘を身体に付けます

2.クラブ(8番アイアン)を握ります

3.グリップの際は両手の親指と人差し指に力を入れず添えるだけにします

4.肘を曲げクラブと身体が45°になるように固定します

5.そのままの体勢をキープして股関節を折っていきヘッドを地面につけます

  この時に背骨が曲がらないようにしましょう

6.背骨を軸にして右(左打ちの方は左)に腹筋を使って回転します

7.お腹が目標と反対をむいたら 背骨を軸にして 目標方向に腹筋を使って回ります

どうですか?

手を使わなくてもボールをヒットすることができたと思います

これができたら 今度はドリルをやってみましょう

ドリルについては次回となります

手打ちはゴルフ破たんへの道です

手打ゴルフはいつか破たんがきます

上達しないばかりか 下手になっていくことすらあります

そうならないためにもボディーターンでスイングすることが大切です

そう思っていても なかなか治せない! どうすればいいのかわからない!

まずはその理屈を考えてみましょう!

それはゴルフを始めたばかりの時 ボールに当てるのに必死となり

結果 手を使って当てることを覚えてしまい

それが癖になり 手を使わないとボールに当たらないと思っているからです

一度思い切って手を身体に固定したまま 身体を回転してみてください

絶対にボールは当たるはずです

結果を恐れないで まずはトライしてみましょう!

JLPGAツアー選手で流行のティー販売開始

JLPGAツアー選手で大人気のティーを販売開始しました

売り切れ御免の大人気商品が関東初上陸です

注目度間違いないしの逸品です

当店で販売しておりますので この機会にぜひご購入くださいTEE.JPG

スタイリッシュなゴルファー必見

ゴルファーのための新しい感覚の雑誌が発売されました

月刊EVEN

20140404-1.JPG

 

恰好いいゴルファーを目指すあなた!

いい雑誌ができましたよ 是非購入してください。

当店で取り扱っております

今ならもれなくプレゼントが付いてます

20140404-2.JPG

定価は740円です

ビジネスゾーンを真っ直ぐにする練習器具

岡山の友人が作った練習器具です
 

006.JPG


ショット、アプローチ、パッティングにおけるビジネスゾーンを真っ直ぐにするための練習器具
早速、練習で使ってみました。

SHOT&APPAT.JPG

 

 
















 

 

なんとかスティックというのがありますけど、
あれは堅くって、ヘッドに当たると危険ですよね。
それに比べてこちらはゴムなので安全です。
また丸めると小さくなりますので、ポケットに入れて持ち運びができます
街の練習場はもとより、ゴルフ場のドライビングレンジ、アプローチ練習場、パッティンググリーンでも
問題なく使用できます。
これはゴルファーの必需品になるかもしれませんね。
おいら気に入りました

 

ダイエットしました

ダイエット

おひさしぶりです
皆さ~ん、おいら小さくなったんですよ
 
昨年の5月末に妻とスポーツクラブに入会しました。
それから約10カ月、週1~4回で1回1、2時間の運動をしています。
最初は筋トレを中心に汗を流し、5カ月で5kg減量しました。
でもでも、私の5kgなんて誤差ですよね~
そこでいろいろな方に相談した結果、筋トレをしばらく止めて、
有酸素運動をしたらいいということになりました。
そして10月末からは筋トレをせずに、
ステップというスタジオプログラムとエアロバイク、ランニングマシンだけのトレーニングに切り替えました。
そして、2月からは筋トレを再開。
今に至っています。
 

そして、現在のおいらは…

◆バスト(トップ)→10cm減
◆ウエスト(臍)→20cm減
◆ヒップ→10cm減
◆上腕(左右平均)→5cm減
◆太股(左右平均)→5cm減
◆体重→17kg減
◆体脂肪率→7%減
となっています。
かなり小さくなったでしょ
でも、飛距離は犠牲になっています
 
大きな食事制限などはしていませんが、それでもいくつかの制限をしています。
◆カロリーの低いものから食べる
必ず、サラダから食べるようにしていますねぇ
◆炭水化物を減らす
大好物のスパゲッティ、グラタン、ピザを控えめにしています。
食べるときはなるべく加工されていない米などの炭水化物を取るようにしています。
でもビールとアイスはやめられません…。
◆食べた炭水化物をなくしてくれるという薬を食後に飲んでます
これでかなりのカロリー減になってくれています。
◆ウコンを飲んでます
こんなところですかね。
 
そして、数日前に専門家と話していたら、
血液型別食事法というのがあって、かなり効果的とのことでした。
血液型の性格判断とかはあまり信じていないのですが、
これは妙に納得させられるものがあります。
専門家がダイエットについてアドバイスした際に、個人によってかなりの差がある。
これは何なのかを調べたところ、血液型によって太りやすいものとそうでないものがあるらしいとわかり、
それをアドバイスに取り入れたところ、効果があったそうです。
以下がその血液型別の食べていいものとそうでないもののリストが載っているサイトです。
これがすべてではないでしょうけどね。
そうそう食べてはいけないものというのは絶対にということではなくって、
食べていいものと食べて行けないものの比率を7:3以下にすれば、問題ないそうです。
おいらは試してみようかなと思います。
 
O型
A型
B型
AB型
 
次に皆さんに会う時にどれだけ小さくなったかを確認してください。
あっそうそうひょっとしたら期限付きかもしれませんのでお早めにご確認ください