ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

タイガーになれるかな

気分はタイガー

全米オープンはW・シンプソンの優勝で幕を閉じましたが、
タイガーがかなり復調してきた感じがしました。
全英オープンはかなり期待できそうです。
そんなタイガーが今大会で着用していたシューズ
ゴルフネットワークで全米オープンを視聴していると、
幾度となくこのシューズのCMも流れました。
かなり気になったので、いろいろとネットでも調べてみました。
そうしたら、ナイキとタイガーが共同開発したもので、
フィット感が優れていて、まるで素足でいるかのような感覚があるとのこと。
ではではと履いてみました。
ナイキのシューズって、幅が狭いイメージがあったんですけど、
これはそうでもないんですよね。
っていうより、かなりゆったり目
フィット感も申し分ありません。
それにしてもシューズ表面が面白い。
凹凸がほとんどなく、材質が普通の靴と違う
完全防水で2年間のメーカー保証

 

2016215173529.JPG


素足感覚っていうのがなんとなくわかる。
足袋みたいな感覚です。
今週末に早速着用してみます。
気分はタイガー・ウッズでラウンドしてきます

ラジオ出演しました

SKY GATE TRAVELLIN'GROOVE by bayfm78

tg.jpg

へへへ、ラジオ出演しちゃいました~
火曜日に「bayfmの番組の取材をお願いしたい」という連絡がありました。
最初は広告だと思って、「いくらかかるの」と聞いちゃいました
「いやいや、お金はかかりませんよ。」というので快諾。
今日に至りました。

この番組のパーソナリティは、伊津野亮さんとシャウラちゃん。
おいらが出たのは番組内の「ミッション・チバフェッショナル」というコーナーで、
福田麻衣ちゃんが千葉県内のいろいろな場所をレポートするというものです。

麻衣ちゃんはゴルフを始めたばかりで、西村コーチのレッスンを真剣に受けてました。
楽しい楽しいの連発でした。
まぁ、おいらはこの間、原稿作成してましたけどね

初めてラジオの取材でしかもLIVE。
ちょっと緊張したけど、何とか無難にこなせたかな。

良い経験をさせてもらったです



maimai2.jpg


麻衣ちゃんもかわいかった


Track01.cda

パッティングデータ分析

パッティングのデータって知ってる

ゴルフをされている方は、ご自身のH/S、バックスピン量、サイドスピン量、打ちだし速度など、
多かれ少なかれショットにおけるデータは知っていることでしょう
これによって、クラブを選んだり、シャフトを選んだり、ボールを選んだりする方もいると思います
では、パッティングにおけるデータってご存知ですか
おいらのパターはPingで異なる種類のものを2つ使っています。
Pingはパターを買う時にフィッティングするのが通常で、
長さ、ライ角などを測定して、何種類か用意されているヘッドを試打して、
ではこれでといった具合で発注します。
そうすることで、自分にマッチした長さ、ライ角を持つパターが1~2週間で手元に届くのです。
でもこれってまだまだ不完全だと思っているんです。
というのは、自分にはどういった形のヘッドがあっているのかが数値化されていないのです。
そうしたら、こんなものができました。
 
「iPing」
iping1.JPG
 
 
プレーヤーのパッティングストロークを分析し、パターハンディキャップ(PHcp)を算出するツールとのことで、
これを使うことで、どのようなヘッドがあっているかが分かるというものです。
また、これを使ってパッティング練習をすることで安定したストロークを得ることもできると思われます
 
 
iping2.JPG
 
こんな感じでパターに取り付けてデータを測定するんです。
データは一目瞭然ですね~
 
さてとこれでパッティング練習に励みますかね
パッティング名人を目指して

330ヤード!

気持ち良く振れると飛びますねぇ~

まだまだ捨てたもんじゃないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00228.JPGこのシミュレーターでの新記録かもしれない。

精悍な顔つきの奴ら

ジーパーズに行ったんです
そこで、黒いやつを見つけました
前々からネットなどで気にはなっていたんです
実物はなかなか精悍な顔つきで、恰好いいです
でも、今の相棒に不満があるわけではないので自重しました
そして、昨晩 友人に話したら~
「あれいいよ帰省した時に打ったさ、すごくいい
と細い眼を見開いて話すんです
「でもさ~、試打できないしさぁ~…」とおいらがいうと、
「使えなかったら、俺が使うから」とのたまうではないですか
しからばと、今日、朝一でジーパーズに行っったんです
 
diablo.JPG
それで、打ってみたんですよ、そうしたらね
 
いいよ~
 
すごくフィーリングがいい
H/Sも飛距離も今までのドラよりも楽に出ます
明日ラウンドです 早速卸します
 
今日はここで話が終わらないんです
 
そもそも昨日ジーパーズに行った目的はウェッジなんです
今のウェッジはJAWS(新溝対応)で、良くもなく悪くもなくって言う感じです
ちょっと重いのでそのあたりを改善したいのと、すこし肉厚なのでもう少し肉薄なのがほしいのと、
PWとロフトを考えると、もう少しバランスのいいロフトにしたいのと…などなど
いろいろあったんです。
で、いろいろ見ていたら、
ボーケイさんに50°、54°、58°という理想のロフトを持ったウェッジがあるではないですか
でも、おいらロジャー・クリーブランドさんの大ファン
ここ10年くらい、あの顔に近いウェッジしか使ったことがないんです
他のウェッジを打ってみるんですけど、なんかしっくりこないんです
でも問題点も解消したい
ということで結局試しで仲間に入れることにしました
 
 VOKEY.JPG
 
 
 
 
昔のボーケイに比べると顔が丸くなりましたね
これなら使えるかも
駄目だったら、どこかに嫁入りかな
そのころはボロボロになっているだろうけどね
 
これも明日卸してみようっと

軽いゴルフシューズ

店で履いていたシューズが駄目になったので、ネットでいろいろと探していたら、
こんなシューズが目につきました。
 
DAWGS.JPG
 
一見、クロッ○スにも見えますが、DAWGSというメーカーのものです。
すべてゴムでできていて、裸足でもはくことができます。
軽いですね~、しかも、履きごこちもいいです
履いていてかなり楽です
おいら的にはデザインも気に行ってます。
街中ではいても、そんなに違和感ないです。
問題は、しっかりとしたゴルフ場で、これが認められるかですね
まぁ、リゾートゴルフ、練習場では重宝しますね。

クモのマークのグリップ

Black widow.JPG

 
ウェッジとドラのグリップを交換しました。
どうですかこのグリップ
なかなか良くないですか
BLACK WIDOWのグリップです。
多分、あのスパイク鋲のメーカーのものと思われます。
意外としっくりします。
 
BLACK WIDOWって和訳すると「クロゴケグモ
だからクモなんです。
 
クモの巣が獲物を捉えるように、
ボールがターゲットに絡んでくれることを祈ってます

新溝ウェッジ

JAWSです。
ロジャー・クリーブランドさんが手掛けたウェッジです。
 
JAWS.JPG
 
今使っているウェッジが悪いわけじゃないんです。
操作性いいですよ~
グリーンに近いところからの寄せには、何一つ文句ありません
ただ…飛ばな過ぎるんです
 
というわけで買いました
 
前までのJAWSははっきり言って好きじゃなかったです。
おいらにはマッチしなかった感じがあったから。
でも、このJAWSはなかなか面構えがいい
バウンスは左右と後ろ側を削ぎ落とした形状で、少し大きめに設定してあるんです。
なので、前作よりも格段に抜けがいい。
そして打感がソフトなんです
シャフトはS300ですね。
あっ!新溝です。

エルゴグリップ入荷

Ergo Grip.JPG

皆様に大変好評を得ているエルゴグリップが入荷しました

人間工学に基づいて作られているグローブで、フィット感抜群です。
お一ついかがですか
 
【エルゴグリップ】

人間工学に基づき、人間が最も力を抜いた状態の、半ば指が曲がった形状になるように、微妙な曲線と手の動きを研究し設計したグローブです。この立体カーブを作るために、材料の皮革を全く新しいパターンで裁断し縫製しています。

従来のスポーツグローブは、手の指が伸びた状態に合わせて設計されていますが、人間の自然の手の形とは異なるため、はめたままの状態で長時間いると無駄な握力を消耗するほか、ゴルフクラブやハンドルのグリップを握ったときに指の内側に無駄な“しわ”や“よれ”が発生し、手とのフィット感を損ねるという問題がありました。

エルゴグリップは、これらの問題の解消と最高のフィット感の確保を目指し、スポーツグローブとして考えられるベストな形状を目的として開発されたスポーツグローブです。

正しい体重移動を体感しましょう

スイングにおいて多かれ少なかれ体重移動は不可欠なものです。

でもこれの正解ってなかなかつかみずらいのが現実です

ならば何か体感できるものはないかと思っていろいろと探してみました。

そして見つけましたよ

 

X-Sift.JPG
 

 

これ、X-SIFTっていう器具なんです。

このボードの上に乗ってスイングするんですけど、

裏にゴムが付いていて、すごく不安定なんです。

アドレス時はボードが地面につかないように立ちます。

トップの時点で、右足のかかと側のボードが地面について、左脚のつま先のボードが地面に着く。

フィニッシュはその逆で、右足つま先側のボードが地面について、左足かかと側のボードは地面に着く。

これを体感することで、体重移動と股関節への乗り方、壁を体感できるんです。

 

実際に何人かに試してもらいました

皆さん四苦八苦

でも最後のほうは楽にスイングができるようになって、はずしてから打ってもらうと良いボールが打てていました。

なかなかの優れものですよ

 

是非、体験してみてください